3月引退の銀座線01系、くまもんラッピングで運行中

イベント, 観光

東京メトロ銀座線01系

東京メトロで長年親しまれてきた『銀座線01系』は、2017年3月10日(金)をもって営業運転を終了します。

銀座線01系は1983年にデビューし、6両1編成で合計228両38編成が製造され、1985年8月にはローレル賞を受賞しました。2012年からの1000系導入に伴い廃車などにより数を減らし、2017年3月10日(金)の営業運転をもって33年間の歴史に幕を閉じます。

引退にあたり様々なイベントが予定されており、2017年2月24日(金)までの間、熊本県の復興を支援することを目的とした「くまモンラッピング電車」として運行されます。

引退後の車両は、熊本電気鉄道で活躍中!

また、すでに引退した車両は、熊本電気鉄道株式会社に譲渡され、元気に熊本の皆さんを運び続けています。先頭車の01-136号車と01-636号車が2015年3月から営業運転を始め、その1年後の2016年3月には01-135号車と01-635号車も活躍の場を熊本に移しました。

今回の銀座線でのラッピングは、この熊本電気鉄道で使われているデザインを踏襲しています。

鉄道ファンのみなさま、懐かしい車両に会いたくなったら、ぜひ熊本にお出かけください!熊本電気鉄道の最新情報は、以下の画像をクリックしてご覧ください。

熊本電鉄で走る銀座線01系

2015年の記事『東京メトロ銀座線01系、新たに2両が熊本電気鉄道へ! 両社で記念列車も運行』(マイナビニュース)はこちら

応援をひとこと!