草千里ヶ浜への道路再開

観光

2016年10月8日未明に爆発した阿蘇山中岳は、10日現在、警戒レベル3・入山規制【登山禁止や入山規制等危険な地域への立入規制等。状況に応じて災害時要援護者の避難準備等】となっています(2016年10月08日01:55発表)。

aso_map噴火の影響で草千里ヶ浜への山上道路(県道111号)が閉鎖されていましたが、降灰の除去が終了したため、通常通りの朝7時~夕方7時で通行が可能となり、草千里ヶ浜への通行が可能となりました。雨が降った後は、特に火山灰で非常に道路が滑りやすくなります。足元やお車でお出かけの際は十分にご注意ください。

草千里、内牧温泉街、阿蘇神社などは通常通りの観光が可能です。阿蘇市が噴火後に作成した「阿蘇市内の観光状況のまとめ(こちらか画像クリックで大きな地図が開きます)」でご確認の上、お出かけください。

また、阿蘇市観光協会では「Asovo〜アソボ〜」で最新の観光情報を提供しています。以下の画像をクリックすると公式サイトが開きますので、お出かけの際はご利用ください。

阿蘇市観光協会

■道路規制情報

通行止めや車両重量制限情報「阿蘇地域アクセスルートマップ」

■公共交通情報

車がなくても阿蘇に行ける!『公共交通機関マップ』

※レベル3の場合、中岳火口からおおよそ2~4km圏内が立入禁止となります。阿蘇山上広場、ロープウェイ乗り場へは行くことができません。
※気象条件・火山活動等により、予告なく再度通行止めとなる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

現在、中岳山頂は登山禁止となっています。登山は根子岳のみ可能です。

最新の阿蘇火山火口規制情報はこちら

通行規制のある登山ルートは以下の通りです。風向きによっては降灰の恐れがありますので、帽子やマスク、傘などの対策を行ってください。

  1. 砂千里ルート(砂千里~中岳)
  2. 行儀松ルート
  3. 火口東展望所沿いルート(仙酔峡~火口東展望所~中岳)
  4. 仙酔尾根ルート(仙酔峡~高岳)
  5. 日の尾峠ルート(日の尾峠~高岳~中岳)
  • 日の尾峠ルートは、平成24年の豪雨災害により寸断箇所があるため通行禁止

登山ルート規制図

通行規制が行なわれている登山ルートについては、左画像、あるいはこちらをクリックすると「阿蘇中岳噴火に伴う登山ルート規制図」(pdf)が開きます。

 

降灰への備え

火山活動が活発になれば、火山灰による影響が予想されます。火山灰から身を守るため、事前の準備を十分に整え、万が一に備えましょう。火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。火口周辺では強風時に小さな噴石が1kmを超えて降るため、風下側では火山灰だけでなく小さな噴石にも注意してください。

  • 火山灰が目に入ったら、手でこすらずに水で流しましょう。
  • コンタクトは控えましょう。
  • 外出や掃除の際はマスクを着けましょう。
  • 激しい運動は控えましょう。
  • ドアや窓の開閉は最低限に控えましょう。
  • 外から帰ってきたら、屋内に入る前に上着を脱ぎましょう。
  • 交通事故に気をつけましょう(視界不良やブレーキ機能低下)
  • 降灰による断水や停電に備えましょう。

 

関連情報

【気象庁提供】

噴石、空振などに対する注意事項
噴火警報・予報(火山の状況に関する解説情報)
降灰予報(降灰範囲の予報)
火山カメラ情報(阿蘇山のほか各火山の画像)
阿蘇山の噴火警戒レベル(レベルの解説と規制範囲)
火山の観測・監視体制

【福岡管区気象台提供】
福岡管区気象台(火山の監視体制)
阿蘇山火山防災連絡事務所(火山情報・火山用語集)

【熊本地方気象台提供】 

aso

 

 

【熊本県土木部砂防課発行】
阿蘇山火山防災マップ

防災科学技術研究所

降灰への備え 事前の準備、事後の対応(日本語版)
火山灰の健康影響 地域住民のためのしおり(日本語版)
火山灰から身を守ろう
熊本県:阿蘇観光マップ(火口からの距離) [966KB]

応援をひとこと!